ループ電気の評判を徹底検証!掲示板から見るループ電気の強みとは?

2016年に家庭用の電力が完全自由化して以来、たくさんの企業が電力市場に参入しました。

その中でも最近ひときわ注目を浴びているのが株式会社ループが提供するループ電気(Looopでんき)」です。

自然エネルギーを活用した新しい電力会社なのですが、いったいどんな会社なのでしょう?この記事ではループ電気の口コミ・評判を詳しく調査し、ループ電気の魅力をお伝えします!

「電力会社、今のままでいいのかな…?」「引っ越しを機会に新しい電力会社に乗り換えたい」というそこのあなた、ぜひ参考に読んでみて下さいね。

ループ電気は基本料金なし!使えば使うほどおトクに!

 ループ電気を提供元である「株式会社ループ」は、東日本大震災後の2011年に設立された、非常に新しい会社です。なので、知名度や世間への浸透はまだまだこれから!という感じです。

ループ電気の大きな売りが「基本料金0円」というもの。これ、業界的にみても画期的な取り組みなんです。

一般的な電気料金の計算方法は?

多くの電力会社では、月々の電気料金は「基本料金(最低料金)+使った分の電気料金」で計算されます。

これだと、例えば全く電気を使わなかった月でもお金を払わないといけないんですね。

ところがループ電気ではこの基本料金(最低料金)の部分がゼロ!本当に「使った分」だけ払えばよいので、とても合理的で人気の理由の1つになっています。

電気料金の単価は変わらない!

先ほどの月々の電気料金の計算式のうち「使った分の電気料金」の部分ですが、ループ電気なら単価がずっと一定なんです。

東京電力や関西電力といった、従来の電力会社だと、電力使用量に応じて電力の単価が段階的に変わります。例えば関西電力の場合だと

  • 最初の120KWh…料金単価17.40円
  • 120KWh~300KWh…料金単価21.68円
  • 300KWh以上…料金単価24.95円

というふうに3段階で設定されています。

ループ電気はこのような段階式ではなく、単価が常に一定。関西電力エリアだと単価は一律22円で固定されています。

よって電気をたくさん使う人ほどおトクになるのです。

「ループ電気 画像」の画像検索結果

>>>ループ電気の詳細はこちら<<<

ループ電気の気になる評判を徹底調査!

 「ループ電気、本当におトクなの?」という疑問をお持ちの方もたくさんいると思いますので、さっそくネット上の評判を検証していきましょう。

今回は「価格.com」の「ループ電気クチコミ掲示板」から実際にループ電気を利用している方の意見をさぐってみます。

まずは実際にループ電気の料金と東京電力の料金を比較した口コミから。

↓↓

<2015年6月請求(東電)の内訳>

使用量:520KWh(30日間)

請求額:\17,231(¥33/KWh)

<2016年6月請求(LOOOP)の内訳>

使用量(30日間に補整):459KWh

請求額(30日間に補整):\12,393(¥27/KWh)

※KWh当たりの比較で、約20%ほど安くなった。

※東電(従量C)の従量料金単価は段階制で、1段・2段料金(300KWhまで)は LOOOP より安いが、基本料金が高い。

※LOOOP の安さ(基本料金無し、従量単価一律¥27)が際立ってくるのは、月300KWh超を使う場合だろう。

※使用電力が極く僅かな空家・別荘等でも(なら)、LOOOP の「基本料金なし」は助かるだろう。

↑↑

こちらの方は東電とループ電気の使用量に差があるため、料金の開きが大きくなっています。もし2015年6月と同じ電力量(520KWh)をループ電気で使っていたらどうなるのか計算してみましょう。

もし2016年6月に単価27円で520KWhまで使っていたとしたら 27円×(520KWh-459KWh)=1,647円余計にかかり、トータルで12,393+1,647=14,040円となります。

それでも東電と比べると17,231-14,040=3,191円も安いですね。

広告イメージ

 

こちらの方も料金の安さを実感しているようです。

↓↓

ネットで申しこみ、しばらくして電力積算メータを「スマートメータ」に切り替え工事のメールが来て簡単に工事が終わった。ネットで手続きも簡単に終わり、東京電力に比べ、ひと月2,000円も下がった。 一年間では2万円以上節約になるかも。夏より冬の方が暖房で使うので、もっと大きな差が出るでしょう。

↑↑

ループ電気では、エリアごとに電力料金の単価が変わっています。これは電力自由化前の電力会社の価格に合わせて行っているため、東京電力エリア以外でも同様に料金の節約が期待できます。

また、料金以外でもいろんなメリットを実感している方が多いです。

↓↓

料金もさることながらLooopでんきを選んだ理由は、解約時の違約金がないことと他の条件との抱き合わせでお得感を演出しないこと、加えて電力量による単価が単一であること、基本料金がないこと(単価に多少跳ね返ってはいますが)等すっきりした体系で設定されていることが決め手になりました。

↑↑

いろんな料金プランを用意してリーズナブルに見せかけるのではなく、シンプルな料金体系・プランを提示することで私たちにもわかりやすく、安心して利用することができます。

 

>>>ループ電気の詳細はこちら<<<

結論:ループ電気は評判が良く、地球とお財布に優しい電力会社だった!

ネット上の評判からも分かるように、ループ電気は

  • シンプルで分かりやすい料金体系
  • 「使った分だけ払う」安心なシステム
  • 電気をたくさん使うかたにはさらにおトク
  • 申込が簡単で解約違約金なし

など、新規電力会社に詳しくない方でも安心して利用できる電力会社です。

毎月電気をどれくらい使うかは、家族の人数や生活パターンなどによって変わってきます。そのため、ループ電気の公式サイト内「料金シュミレーション」のページで試算をしてみましょう。

現在利用している電力会社の検針票に記載されている情報を入力すると、ループ電気契約後にどれくらいおトクになるのかを知ることができます。

こちらのHPもまた非常にシンプルで見やすく、申込方法も動画で分かりやすく説明があります。申し込み自体も簡単でスムーズです。

電力会社に迷っている方は、ぜひ一度ご検討ください。

なお、ループ電気のデメリットにつてもコチラの記事で紹介しています(^^)/

ループ電気の確認すべき7つのデメリット!契約前にきちんと把握♪

 

なお、ループ電気以外の新電力会社と比較したい方は、一括で比較しちゃいましょう!