ループ電気の値上げはありうるか?電力自由化詐欺に気を付けて!

ループ電気をはじめとする新電力もすっかりおなじみになりました。しかし、新電力事業者が増加の一途をたどる今、新電力事業者の名を語る詐欺が後を絶たないのも事実。

当然ですが、ループ電気は極端な値上げのような、ユーザーから余分にお金を取るような詐欺まがいのことは絶対にしていません!今一度ループ電気のサービス内容をしっかりと抑え、詐欺被害に合わないようにしたいものですね。

ループ電気は基本的に電話はNO!電話による詐欺にご注意

新電力事業者の名を語る詐欺は通称「電力自由化詐欺」と言われています。

従来は関東エリアなら東京電力、といったように地域ごとに電力会社が決まっていたので私たちは何も難しいことは考えずに電気を使っていました。

ところが20164月に家庭用の電力が完全自由化になったため、様々な電力事業者や料金プランが登場したことにより、人々が電気を買うのが少し難しくなったのです。

そこに付け入って悪徳商法を行う会社が出てきたのですね。

よくあるのが電話による勧誘で「うちの会社なら電気代が安くなりますよ」と甘い言葉をささやくもの。中にはループ電気の名を語る業者がいても不思議ではありません。

しかし!ループ電気は電話による勧誘は行っていません!

公式サイトなどで「うちは電話勧誘を行ってません」と明記しているわけではないのですが、ループ電気はあらゆるコストを削減することで低料金を実現している会社です。

申し込みから電気料金の支払い、電力使用量の確認まで全てweb上で完結しています。復旧しない停電など、万一の場合に備えてユーザー側が電話をかけて修理を依頼する「かけつけループ」というサービスはありますが、これはあくまで私たちからかけるもの。

わざわざループ電気側から、人件費と電話代というコストをかけて電話勧誘を行うことは考えられません。電話による電力プランの勧誘などがあった場合は十分注意しましょう。

ループ電気では「スマートメーターへの交換」は原則無料!

電力自由化前は、毎月検針員が確認しにくる「電力メーター」というものがありましたよね。ところが電力自由化以降は従来の電力メーターから「スマートメーター」というものに切り換える会社がたくさん出てきました。

スマートメーターは、いわば通信機能を持った電力メーターであり、各世帯の電力使用量を電力事業者に自動的に伝達する機能を持つ次世代のメーターです。

メーターを交換するとなると「お金がいるのかな?」とつい思ってしまいがちですよね。そうした客の心理に付け込んで、「メーター交換料」をだまし取ろうとする悪徳業者がいます。

ループ電気ではスマートメーターへの変更は原則無料で行っていますので注意してください!

スマートメーターへの取り換えがまだ済んでいないお客さまの場合、「Looopでんき」への切り替えのタイミングで、一般送配電事業者が原則無償でスマートメーターへの取替を行います。

ループ電気HPにもこのように記載されています。

ただし次のような場合は例外的に費用が発生する可能性もあるため、心にとめておきましょう。

  • ①計器を設置するために消費者の設備の改修が必要な場合((例)配線不良や計器取付板、外壁の不良)

  • ②消費者の都合で計器を取替・移設する場合((例)消費者が従来計器を破損させた、外壁改修等で計器の取付位置を変更する)

適正な電気の買取価格は?太陽光パネル詐欺に注意!

家庭用の太陽光パネルも珍しくなくなった今、「太陽光パネルを設置すれば発電した電気を高く買い取る」という詐欺にも注意しなければなりません。

太陽光パネルの設置料金や、発電した電気を買い取る価格は決まっているため法外な値段をふっかっけてくる業者は間違いなくアウトです。

2018年の売電価格は1kWhあたり26(家庭用の場合)となっています。また、太陽光パネルの設置費用は都市部の家だと約100万円、田舎のほうだと約150万円ほどとなっているため、基準として覚えておきましょう。

ループ電気の場合はこれらに加えて、ループ電気提供の太陽光発電システムによって発電・売電を行う世帯には電気料金単価が2円安くなるという割引制度があります♪

ループ電気は派手なキャンペーンやキャッシュバックがない代わりに、少しでも利用料金を安くしようという企業努力が見られるのが特徴なのです。

急激な値上げにご用心!だが突然の値上げはありうる

悪徳業者が私たちからお金を巻き上げるには、高い料金を取るのが手っ取り早いです。そのため、中には大幅な料金の値上げを謳う詐欺もあるため気を付けなければいけません。

しかし、どんな電力事業者でも料金の値上げはあり得ます。ループ電気のHPにも次のように書いてあります。

諸般の事情により、料金を改定させていただこくことはあります。その際は、当然ながら、猶予期間をもって、お客様にお知らせをいたします。

これはどういうことかというと、ループ電気の電気料金の単価は地方によって異なります。東京電力管轄エリアなら26/kWh、北海道電力管轄エリアなら29/kWhといった感じで、それぞれ東京電力、北海道電力の電力単価に基づいて計算されています。

こういった大手電力会社の料金は、発電に必要な燃料費の高騰などにより変動するのです。それが結果的にループ電気の電気代にも影響を及ぼすのですね。

ただ値上げがあると言った場合でも、電力単価あたり12円といった程度の値上がりですから、それ以上の急激な値上がりをする業者には要注意です。

まとめ

残念ながら高齢者を中心にまだまだ電力自由化詐欺の被害が出ています。こうした詐欺とループ電気の本当のサービスを見分けるには、しっかりとループ電気のサービス内容や料金を抑えておくことが重要。スマートメーターの設置による工事費用の発生や電気料金の値上げは確かに可能性はありますが、めったにないことです。仮にあった場合もループ電気の方からしっかりと説明や告知があるはず。そういったことがないのに急激に値段が上がった、突然支払いを求められた、という場合は詐欺である可能性が高いです。騙されないように正確な知識を入れておきましょう。

>>>ループ電気の詳細はこちら<<<

なお、ループ電気の一人暮らしについての記事はこちら

一人暮らしでループ電気はおトク?電気代を地域ごとに徹底比較!

 

なお、ループ電気以外の新電力会社と比較したい方は、一括で比較しちゃいましょう!