アパートでもループ電気は利用できる?例外ケースも含めて徹底解説!

20164月に家庭用電力が自由化され、誰でも自分の好きな電力事業者を選べるようになりました。

しかし気になるのは、アパートのような集合住宅に住んでいてもループ電気は利用できるのか、ということですよね。

本記事ではアパート住まいでもループ電気を契約できるのか、気を付けるポイントなどについて詳しくご紹介します。

 

【賃貸or分譲】アパートでもループ電気に変更できるのか?

「うちは賃貸だから電力会社を変えるのは無理なのかな…」

こんなふうに思いこんでいる方はいませんか?

結論から言うと、多くのアパートやマンションでは自分の好きなように電力事業者と契約することが可能です。賃貸だろうが分譲だろうが、関係ありません。

基本的に電気の契約というのは世帯別、つまり部屋ごとに結んでいるため、居住者の自由なのですね。

どうしても気になる方は賃貸住宅であれば大家さんや管理会社に、分譲住宅であれば管理組合に問い合わせてみるといいでしょう。

ループ電気も同じく、居住者の好きなタイミングで切り替えることができます。

スマートメーターへの変更はOKなの?

よくアパートの部屋の前などに電力メーターが置いてありますよね。従来の電力会社であれば、メーターを月一回検針員が確認しに来て、毎月の電気代、電力使用量を検針票にして置いて行ってくれます。

ところが、ループ電気にはこのようなシステムがありません。ループ電気では従来の電力メーターの代わりに「スマートメーター」というものを設置することになっています。

これは通信機能を持ったメーターで、なんと30分ごとに電力使用量を本部に送信するためのものなのです。それによって、電気代が毎月自動で計算され、検針員の人件費を抑えているのです。

ループ電気に切り換えると、電力メーターを交換する必要があるのですね。ここまで読んだ方は「勝手にメーター換えてもいいの?」と疑問になりますよね。

しかし問題はありません。そもそも電力メーターとは電力会社の持ち物であり、管理会社や大家さんのものではないのです。

電気の契約に関しては何も心配せず、「ループ電気に乗り換えたい!」と思ったタイミングで乗り換えをしても大丈夫なのです。

 

>>>ループ電気の詳細はこちら<<<

【例外】ループ電気への乗り換えができない2つのケース

このようにアパートに住んでいる方でも、ほとんどの場合はループ電気へ乗り換えをすることができます。しかし、中には乗り換えができないケースもあるので注意が必要です。

ケース1:アパートが高圧一括受電をしている場合

高圧一括受電とは、アパートの建物全体で「電力のまとめ買い」をしているようなイメージを持っていただくと分かりやすいでしょう。建物全体で同じ電力会社と契約し、個々のお部屋といった専有部分にも、廊下やエレベーターの共有部分にも同じ電力会社から提供された電気を使います。

例えば缶ビール1本を買うよりも、6本まとめて買った方が1本当たりの値段って安くなりますよね?

それと同じで、高圧一括受電によって電力のまとめ買いをすると世帯が負担する量が割り引かれ、おトクな値段で電気を使えるというメリットがあります。

このような高圧一括受電の場合、自分だけ別の電力会社と契約、ということができないためループ電気の契約は不可能となってしまいます。

高圧一括受電 VS ループ電気 どちらがおトク?

高圧一括受電に加入しているアパートに入居すると、どのような電気料金プランになるのかは、アパートやマンションによってバラバラであるため、一概には言えません。

株式会社富士経済の「平成 26 年度電源立地推進調整等事業(マンション高圧一括受電サービスに係る実態調査)」という報告書によると高圧一括受電サービスにおける電気料金プランは専有部削減タイプと共有部削減タイプに分かれており

  • 専有部削減タイプの割引率

  • 専有部:5%10%

  • 共用部:基本的になし

  • 主な導入物件:新築物件

 

  • 共有部削減タイプの割引率

  • 専有部:基本的になし

  • 共用部:20%50%

  • 主な導入物件:既築物件

といった違いがあるようです。

これによると既築物件、調査年を考えると2014年以前に建てられた物件で高圧一括受電をしているアパートは専有部分の割引きがなし=普通の契約と同じ料金、ということになり何もおトクではないことがわかります。

また新築物件=2014年以降に建てられた物件で高圧一括受電をしているアパートでさえ電気料金は5%10%程度の割引きということになります。

一方ループ電気は、当サイト内「料金で選ぶならループ電気で決まり!単価がお得な超具体的な理由☆」のデータ(マンション住まいの3人世帯、1か月あたり520kWhを使用したと仮定)を元に計算すると

  • 従来の電気料金全国平均…14,056
  • ループ電気変更後の割引額平均…1,287
  • 割引率…約9.2

となります。さらにループ電気は使えば使うほどお得になる額が増えていきますから、かなりの高確率でループ電気の方が高圧一括受電に比べておトクだ、と言えます。

 

したがって、これからアパートに引っ越しを考えている方は、物件が高圧一括受電をしているのかどうか、必ずチェックするようにしましょう。

ケース2:新たに住むアパートが新築物件の場合

引っ越しなどで、新築物件に新しく済む場合は実はすぐにループ電気と契約ができません。

ただし、引っ越し後一度他の電力会社と契約し、その後ループ電気に乗り換えることは可能です。

新築物件のアパートに引っ越す人は覚えておきましょう。

まとめ

基本的にはほとんどのアパートが世帯ごとに電力会社と契約することができるため、ループ電気への乗り換えをしたい場合も問題なくできます。ただし、本文中でもご紹介した、高圧一括受電をしているアパートの場合は例外的にループ電気との契約が不可能となります。

電力自由化以降、多くの新規電力事業者が台頭してきたことにより、様々な事業者と高圧一括受電を契約する集合住宅は徐々に増えています。ループ電気に乗り換えたい場合は、自分が住んでいるマンションがそういった一括契約をしていないかどうか、一度確かめましょう。

>>>ループ電気の詳細はこちら<<<

なお、ループ電気の申し込み完全ガイドはこちら⇩

【ループ電気申し込み完全ガイド】申し込み後の手続き・注意点は?