スマートメーターに交換してみた!手順は簡単(^^♪いつできるの?

「すぐにでもお得な新電力にしたい!」

と思いながら、シミュ―レーションはするけど、今の中部電力のコースの方が安いんです、うち。

5人家族なのに、、、おかしい。

どうもタイミング的にめっちゃお得な今は申し込めないプランに申し込んでいるみたい(笑)

新電力(ループ電気等)に変えると平均1万6千円ぐらい年間安くなるらしいのに。

とは言え、新電力に変える際にさっと移行できるように今のうちにスマートメーター交換しておくことにしました!

  • スマートメーター交換の費用が掛かるの?
  • 手順は複雑?
  • いつやるの?いつ交換できるの?

とかの疑問を抱えつつ、サクッと終わりましたので、その体験談をご紹介します(^^♪

1.スマートメーターって何?

新電力会社に移行する際に、今までの電力計からスマートメーターに交換する必要があります。

それは電気使用量の把握の効率化を図るためです。

というのは、旧来からある電力計ではオンラインで電気使用量がわからないらしいんです!このITの時代に(笑)

僕は知らなかったんですが、検針レディと呼ばれる方が、毎月旧式の電力計の目盛りを確認しに来ているらしいんです。

なお、旧式の電力系はこれ。

初めて気づいた壁にある電力計!←我ながら、自宅に無関心にもほどがあるわ(笑)

2つあるのは、太陽光発電と通常の電力計があるため。

この数値を見に来ているようです、検針レディさんが。

以下中部電力ホームページより抜粋。

これまでは検針員がお客さまのお宅などにお伺いし検針を実施していましたが、通信機能による遠隔での検針「自動検針」(注)により、お客さまの敷地内へ入らせていただくことなく検針をすることが可能となります。

(注)自動検針は、通信環境が整ったお客さまから順次開始いたします。

「検針レディ」の画像検索結果

「その作業(検針)がなくなるとその人たち(検針レディ)の仕事がなくなるんですよね~」って電力計取り換えの中部電力のおっちゃんは嘆いていました。

っていうか、今の時代、目視で人件費掛けてる方がおかしいと僕は思いました。

ただ、オトナなので口にはしませんでした(笑)

 

さて、本題にもどり、スマートメーターの交換手順を紹介しますね。

2.スマートメーターへの交換手順 いつできるの?

①まずは現在契約している大手電力会社に電話で連絡しましょう。

※既に新電力にしていて、そのAという新電力からBという新電力に電力会社を変更する場合は、既にスマートメーターになっているはずなので、交換の必要はありません。

②電話で電力会社に連絡するのですが、ナビダイヤルかなんかで、番号で問い合わせ内容を選びます。ただ、スマートメーターへの交換というアナウンスはないので、その他の番号を押すか、オペレーターに直接つないでもらいましょう。

※僕の場合中部電力に電話したのですが、適切な番号がなく、オペレータに繋いでもらいました。

③問い合わせ内容は次のような感じ。

「電力計をスマートメーターに交換したいんですけど、可能ですか?」

っていうのは、大手電力会社は計画的にスマートメーターへの交換を進めており、僕が住む地域がいつ頃予定されていて、その予定を変更できるのかという心配があったからです。

そうすると、中部電力の女性のオペレーターの方から以下のような返事がありました。

「はい、可能です。スマートメーターの機器の準備が必要ですので、1週間ほどお時間を頂きますが、いつ頃がよろしいでしょうか?」

おっ、いけるやん!

ってことで、1週間後の月曜日の午後を予約。作業は30分程度で済むとのこと。※その間一時的に電気は使えなくなる。

ということで、すんなりスマートメーターの交換の予約が出来ました。いつできるのか不安だったので、すんなり受け付けてもらって良かったです。

このいつできるかというのも基本は大手電力会社の計画に沿って決まると思うんですが、自分から言い出せば「いつ」を「すぐ」に変えられるんだなって思いました!

もちろん、無料で交換してもらえることも確認しております(^^♪

 

次は実際のスマートメーターの交換工事の立ち合いについて紹介しますね!

3.スマートメーターの交換工事

6月18日(月)の午後という、ゆるーい予約時間だったので、午前中まではスマートメーターの交換工事が昼からあるって覚えてたんですけど、午後仕事してると実は忘れてました。

すると、15時にピーンポーンと音が鳴り、訪問者が。。

「あっ、スマートメーターの交換工事頼んでたんや!!」

「やばっ!!今パソコンが調子悪いから内蔵ハードディスクから外付けハードディスクにデータ移してる最中や、、、どうしよ」

って思いながら、応対。

中部電力の子会社なり、下請け会社の方が来るのかなあってなんとなく思っていましたが、モロ中部電力の方でした。

なぜか安心です。大手ってすごいですね(笑)

で、作業自体はカンタンです。

  1. 今までの電力計を取り外す。
  2. 新しいスマートメーターを取り付ける。
  3. 通電確認

といった感じで30分かからなかったですね(^^♪

実際の作業時間の20分ぐらい電気は使えませんでしたね。

※準備作業に10分ぐらいかかったので、その間にPCのデータ移動は済みましたし、「待ちますので大丈夫です」って言ってくれましたよ。

最終、2つある電力計が一つに集約されます 。

 

ただ、電気だけは通ってるみたいなので、右側が空なんです。

なので、ベージュの箱が2つ壁についているっていうことは変わらないですね。

これで、家の電気もついて、通電確認もでき、無事スマートメーターへの交換が完了しました!

サインもすることなく、立ち会うこともなく、最初と最後だけちょっと話しただけで、ちょー簡単でした!

最後に、スマートメーターに変えたメリットを考えてみました(^^♪

4.スマートメーターに変えたメリットは?

スマートメーターに交換したことで、何かメリットありましたか?って聞かれると、、、

「新電力に電力会社を変更したわけじゃないし、、、」

そうだ!!

「オンタイムで今の電気使用量がわかる!!」

でも、これそんなにメリットか? 今までは月単位でしかわからなかった電気使用量が、時間ごとにわかるようになります。

なお、電力が安定してから時間ごとの電気使用量がわかるようになるので、わかるようになるのに数日かかる場合もあるようです。

※僕の場合は2日後に、中部電力からメールが来て、時間帯別の電気使用量が見える化されました(^^♪ 深夜の電気使用量が多いと思ったら夜中の単価の安い時間帯にお湯を沸かしていたってことに気づきました!

うーん、おもしろい。

カテエネのサービスイメージ

「今月電気代使いすぎやから、少々暑くてもクーラー禁止!」とかなるんでしょうか(笑)

うちでは僕にはそんな権限ないっすね~(^^♪

っていうことで、新電力でどこか安い電力会社を探そうと思います!

ただ、一般的に新電力では「ループ電気が一番安い!」って言われているので、最初に皆さんはループ電気で一度シミュレーションしてみることをおススメします!手元に「電気ご使用量のお知らせ」を用意しておくと、3分ぐらいで出来ると思います!

⇩⇩簡単なシミュレーションはこちら⇩⇩

 

なお、ループ電気についてはこの記事がよく読まれています(^^♪

【徹底比較】ループ電気の単価VS大手他社プラン4選!注意事項は?

 

なお、ループ電気以外の新電力会社と比較したい方は、一括で比較しちゃいましょう!